青ヒゲ

青ひげとは

 

青髭(青ひげ)は鼻の下やアゴなどが青く見えてしまうことを指します。
ひどい人になるとグレーのマスクをしている状態の人も珍しくありません。
主に男性の場合に多く見られる状態ですが、女性の場合でも鼻の下が同様に青ひげになって見えることもあります。

 

一般的にはあまり見た目が良いとは考えられていませんので気にする人も多く、男性の場合ですと女性の用にメイクで隠すことも難しいために悩みになってしまうこともあるのです。
そのため最近では青ひげを解消すべく、脱毛を受けたり抑毛ローションなどが人気のようです。

 

青ひげとは

 

 

皮膚が薄いため透ける

 

青く見えてしまう原因は、毛穴の中にあるむだ毛が透けて見えてしまうからです。
特に顔の皮膚は薄いためにむだ毛が透けて見えやすい傾向があります。

 

また、色白の場合ですと目立ち具合も強くなってしまいます。
より一層青さが引き立って見えますので、肌が白い人ほど悩みになっていることがあるのです。

 

日焼けをしているなどで青ひげが目立ちにくくなっていることもあるものの、日焼けが落ち着いて肌本来の白さが戻ってくることでひげが気になり出すこともあります。

 

 

男性ホルモン

 

肌が白い人は青ひげが目立ちやすいですが、それに加えて男性ホルモンが多い人ですと余計に目立ってしまうことがあります。
男性ホルモンには体毛を濃くする働きがあり、ひげに関しても例外ではなく影響を受けます。

 

毛根からして丈夫で存在感がありますので、より一層青く見えてしまいやすいです。
男性ホルモン過多だと広範囲が青く見えやすくもなります。

 

毛深い体質と言えますので、鼻の下やアゴだけでなく、頬やもみあげ部分までも目立ってしまうのです。
人によっては顔の下半分が全体的に青く見えることもありますから、目立ち具合も人一倍強くなってしまいます。

 

 

女性からの印象

 

生理前の頭痛

男ならヒゲだろうと思っていましたが、男性目線と女性目線では違うんですね。

時代による価値観の変化からか、青ひげの男性に対する女性からのイメージですが、以前に比べてあまり好意的に捉えてくれる女性は少ないと言えます。
青く見えてしまうのはルックスにおいてマイナスになってしまうことが殆どであり、良い印象には繋がりにくいです。

 

中には、不潔そう、汚い、貧乏くさい、おかまっぽく見えるなど、男性からするとショッキングに感じてしまう声も少なくありません。
そこまでの印象を持たないにしても、青ひげのある・なしで判断をすると、なしと考える人が多いのが実状です。

 

そのことを踏まえると、女性から良いイメージを持ってもらうにはしっかりと対策をすることが望ましいです。
見た目の印象は重視されるのが現実ですので、対策を講じて損はありません。
脱毛をするなどしてキレイにすることで一気に印象が良くなることもありますから、努力次第で印象を覆すことも十分に可能と言えるでしょう。

 

私はサロンに行く余裕も勇気もないので男性用化粧品「発毛を抑制するローション」を愛用しています。
これは青ひげを気にする人たちの間で人気の「ゼロファクター」というローションで、これを使ってから見た目が変わってきました。
なんというか、髭がなくなるということではありませんが、一本一本の毛が細くなり目立たなくなってきたようなかんじです。

 

 

恋愛対象外

 

女性からあまり良い印象を持ってもらえない青ひげですが、そんなものかと一言で済めばよいですが単に印象が良くないだけという問題でもありません。
女性の中には青ひげの男性とは付き合いたくないという声もあるのです。
生理的に受け付けない、一緒に歩くのは恥ずかしいなどの意見も多く、恋愛対象としても見てもらいにくくなります。

 

特に昨今は清潔感のある男性が支持される時代ですので余計にハンデになると言えるでしょう。
男性でも肌がキレイだったり、むだ毛がない、身だしなみに気を遣っているなどの方が印象が良く、そういった男性と付き合いたい女性が増えています。

 

そのような考えが広くある中、青ひげを放置しておくことのメリットは小さく、もっと言えば人生に於いても損をしてしまうことになると言えます。

 

>>抑毛ローション「ゼロファクター」<<

 

海外ひげ事情

 

海外ひげ事情

女性に嫌われやすいひげですので、ひげ自体が不人気なのかと思ってしまいがちですが、決してそうではありません。

ひげの濃さで言えば外国人の方が濃い傾向があるものの、外国人のひげに対しては良い印象を持つ女性が多いのです。

 

外国人の場合は彫りが深いために顔にマッチしています。
一体感がありますので、おしゃれと捉えられることも多いです。
また、ワイルドに見えるという好意的な意見も目立ちます。

 

さらにはひげに対して寛容なだけでなく、その他の体毛に関しても許す女性もいるのです。
例えば胸毛が生えているのは日本では嫌われてしまうことが多いですが、外国人ですとワイルド且つセクシーに見られます。
外国ではこのように違った見られ方をしますので、ひげが気にされるのは日本ならではとも言えます。

 

 

日本ではひげは好まれない

 

日本ではひげは好まれない

外国人のひげに対して日本人のひげが受け入れられにくい理由は様々ですが、まず似合っていないことが多いからです。

日本人の顔は外国人と比較をしても彫が浅く平坦な顔立ちのことが殆どです。

 

存在感のあるひげをたくわえることによって、顔立ちの薄さに反してひげだけ浮いてしまいます。
違和感だけが強くなりおしゃれに見えないことがあります。

 

生え方がキレイではないのも日本人に合わない理由のひとつです。
体質によってはひげが濃いためにデザインをすることもでき、それなりに見せることもできます。

 

しかしながら半端な生え方をするケースも多く、ただの無精の汚いひげに見えてしまうことも多いのです。
日本人は根本的にひげを楽しみにくい体質のことが多いですから、あまり良い印象で見られない傾向があります。

 

仕事場で無精ヒゲに見られ、だらしがないと誤解された

仕事場で無精ヒゲに見られ、だらしがないと誤解された

 

バラエティー番組を見ていると、フットボールアワーの岩尾望さんが「お前さっきよりヒゲが濃くなっとうやないか」と頭を叩かれツッコまれています。
これで一笑い起こるのですが、私は笑えません。
私も彼のように朝きちんとヒゲを剃ったのにも関わらず、昼過ぎにはうっすら青ヒゲが生えてきて黒ずみにも見え、夕方には漫画の泥棒状態になってしまうからです。

 

 

ヒゲのことを気にするようになったキッカケ

 

私がヒゲのことを気にするようになったひとつのきっかけがあります。
朝寝坊して一度ヒゲを剃らずに会社へ出勤した時、朝礼で無精ヒゲを生やしていると誤解され、同僚の前でこっぴどく叱られた経験がありました。
同世代の同僚達は私がヒゲの濃い体質だと理解しているので、クスクス笑われてしまいました。
それ以来朝寝坊することなく、毎朝ヒゲを綺麗に剃ってから出勤しています。

 

その一件以来、ちょっと神経質になっていてそれでも気になったので、ヒゲを隠すコンシーラのようなクリームを使ってみましたが、何か塗ってるのがわかるので、余計に目につくような気がしてやめてしまいました。

 

高級シェーバーならばと買ってみたけど

 

私の仕事は接客業なので、身だしなみにはできるだけ気をつけています。
青ヒゲが生えてくるので、昼休みにも2回目のヒゲ剃りをしています。
2万円ほどする高級シェーバーを使っていますが、結局は長持ちしません。

 

メンズエステって高いんですね

 

思い切ってメンズエステでヒゲ脱毛をしようかと悩みました。
そして大手メンズエステでお試しで1000円体験をしてきたのです。
目立つのが嫌だったので、あごの下側で試してもらいました。

 

チクチクする痛みに約100回耐え、その日は帰宅しました。
3日経った今でも脱毛した箇所はヒゲが生えてきません。
全部お願いすると約10万円するので、入会するか本気で悩んでいます。
永久脱毛ならともかくまた生えるのにこの値段は家族の反発がありそう。


ならば朝と午後に徹底的にきっちり剃ろうとしてカミソリ負け

ならば朝と午後に徹底的にきっちり剃ろうとしてカミソリ負け

 

高校生になった頃から、自分の濃いヒゲが気になっていました。
友人たちにからかわれたりしたこともあって、結構コンプレックスにもなっていました。
学生の時は、それを逆手にとってヒゲをはやしたりしてなんとか過ごしていましたが、就職活動をする時になると、さすがにヒゲを生やしたままいくことはできませんでした。

 

 

朝剃っても、午後になるともうヒゲが目立つ

 

とにかく濃い上に、一本一本の毛も太いため、朝剃っても、午後になるともうヒゲが目立つようになります。
それでも就職活動は短時間で済みますので、なんとか乗り切って、就職しました。

 

ところが、就職すると朝から晩まで同じ職場にいることになります。
金融関係に勤めたこともあって、身だしなみには充分気をつけるように言われていたのですが、今までの習慣で朝だけヒゲを剃るだけでした。

 

 

とうとうヒゲが目立つと上司に言われてしまった

 

ところが、ある日、「午後になるとヒゲが目立つから注意するように」と上司に言われてしまいました。
それならば、朝と午後に徹底的に剃って、言われないようにしようと考えて、一日に数回剃るような生活を始めました。

 

カミソリ負けでさらに状況悪化

 

最初のうちはよかったのですが、そのうちに肌のトラブル発生。
肌が弱いためカミソリ負けするようになりました。
これは毛穴が出っ張ってるのが原因なのですが、赤くなってしまって、終いには皮膚が黒ずむように。
こちらもヒゲ同様に目立つようになってしまいました。
ただのカミソリ負けなのに何かの病気のように思われたら嫌だなぁと思ってました。

 

ヒゲを抑毛する方法を探す

 

ヒゲを抑毛しながら、剃る回数を減らし、カミソリ負けしないようなアイテムを探して、やっと改善方法を見つけました。

 

口コミでも評判のゼロファクターローションという抑毛ローションです。
即効性はありませんが、毛そのものをなくすのではなく「細く弱い毛にして目立たなくさせる」のがポイントです。
毎日の髭剃り時に使うだけなので使用感抜群なローションです。
高額な永久脱毛はちょっとお考えの方には、青ひげ改善に役立つ現実的な改善法かと思います。

 

ヒゲが薄くなると剃るのが楽ちんなので、これで肌荒れもなく安心して髭剃りできます。

 

 

 


そもそもヒゲが濃いとどうして青く見えるの?

そもそもヒゲが濃いとどうして青く見えるの?

 

ヒゲを剃ることは大切です。
ヒゲ剃りをさぼってしまうと、周囲からあまりいいイメージをもたれず、ちょっと暗いイメージや年齢よりも年がとったようにみられがちです。

 

そのため、日々、ヒゲ剃りをしっかりと行い、清潔な顔をキープすることで周囲からのイメージダウンを防ぐといいでしょう。

 

皮膚の下に残ったヒゲが青く見えてしまう

 

ですが、私のように丁寧にヒゲを剃っても、青ヒゲが残り悩む人もいます。
深剃りをしても、毛根はなくならないため、皮膚の下に残ったヒゲが青くみえてしまうためヒゲを剃っても青く残るということです。

 

 

男性ホルモンとヒゲの関係

 

また、男性ホルモンなどが多い場合には、ヒゲが濃くなる傾向があります。
そのため青ヒゲになりやすい場合、また、肌が白いとヒゲが目立ち、青ヒゲが際立つこともあるでしょう。

 

 

青ヒゲ対策

 

青ヒゲに悩むなら、なんらかの対策をして改善策を見出すことも大切です。
青ヒゲ対策としては、日焼けしてみることで、青ヒゲを目立たなくする方法、また、ヒゲ脱毛などをすることで、ヒゲを生えてこないようにすることで対策をするといいでしょう。

 

 

ヒゲ脱毛のメリット

 

ヒゲ脱毛をすれば、ヒゲ剃りなどを定期的に行っていた手間もはぶけ、また、カミソリ、シェービングジェルなど定期的に購入し、使用していた分の費用などもほとんど必要なくなるというメリットもあります。
ヒゲ剃りの負担がなくなるので、シェービングによる肌トラブルも減ります。

 

青ヒゲに悩むなら、なんらかの対策をして解決策を見出すことも大切です。
痛みが気になりますが有名なメンズエステでは痛み軽減の対処が用意されてるようです。


 

「ゼロファクター5αSPローション」濃いヒゲが薄くなっていく

 

ヒゲを濃くする原因「5α-DHT」の発生を阻害する成分配合

人気のゼロファクターローションは5α-DHTの発生因子の5αリグターゼ阻害成分が配合されているのです。

ゼロファクターローションの使用を続けていくと、5α-DHTを発生しにくくさせ、毛乳頭の刺激を少なくさせ、ヒゲが薄くなったり目立たなくなる仕組みになっています。

 

 

ゼロファクターでは期間限定のサービスを行っています。
通常9000円のところ、WEB限定100名のみ980円で購入することが出来ます。

 

 

公式サイト

抑毛ローション「ゼロファクター」 初回限定 980円

 
画像ソフトで自分の顔のヒゲを消してみた

画像ソフトで自分の顔のヒゲを消してみた

年々ヒゲの剃り跡が濃くなってきていて、思春期の娘からも親父臭いと冷たくされて悲しんでおりました。

 

試しに画像ソフトで自分の顔のヒゲを消してみると、もう全然年齢が違って見えることにびっくり!、
ヒゲをどうにかしようと思ったのですが、脱毛サロンに通うのはいい親父がなぁという気もしたし、そんな予算はありませんでした。
そこでネットで気になったゼロファクター5αSPを使ってみることにしました。

 

すると、1ヵ月ほどでだんだんとヒゲ剃り跡が薄くなってきて、半年ほどでヒゲ自体がなくなってきて、娘からも若くなったと言われて小躍りしました。

 

同年代の人と比べて老けて見える原因はこの青ひげ

同年代の人と比べて老けて見える原因はこの青ひげ

青ヒゲははっきり言って老けて見えるので嫌です。

顔のシワやハゲと同じで、青々とした顔はどうしても見た目以上に年齢を高く感じさせてしまいます。

 

貫禄があるような見え方だったらまだしも、そうではなく不潔な印象を与えるのでやっかいです。

 

あるときなど「顔色悪いね 風邪?」と病気と思われたこともありショックです。
他人から、不潔で気持ち悪いと見られていると思うと気が気ではありません。
私の場合、青ひげがストレスになっている

 

自分の毛穴は盛り上がっているタイプ

自分の毛穴は盛り上がっているタイプ

肌がデリケートな方なので髭を剃ると剃刀負けしやすいので困っていました。

剃った後も青ヒゲになり目立ってしまうのです。

 

それだけならよいのですが、毛穴の奥の毛包に細菌が入り込み毛嚢炎にもなってしまいました。
毛嚢炎になってからしばらくは様子を見ていたのですが、だんだんとぶつぶつの数も多くなり、赤みも伴ってきたので病院へ行き薬を処方してもらうことにしました。

 

この際思い切ってエステで脱毛をしようかどうしようか迷っています。

 

別にそれでいいじゃんと彼女は言ってくれるが

別にそれでいいじゃんと彼女は言ってくれるが

昔からヒゲが濃いのが悩みで、彼女は別にそれでいいじゃんと言ってくれるのですが、せめてヒゲが薄くなればと思いゼロファクター5αSPを試しに使ってみました。

 

嬉しいことに効果がちゃんとあり、ヒゲが日ごとに薄くなってきているのが実感できました。

 

結構簡単なとこにこたえがあり解決できるものだなと思いました。
青ひげでお悩みの方、「ひげを目立たなくする」という方向で解決しちゃいましょう。
剃り跡が残らないようにヒゲを抜くのは痛いから嫌でしたが、普通に剃っても剃り跡が目立たなくなったので本当によかったです。
彼女も前と比べて印象が変わったといってくれました。

 

ゼロファクター5αSP詳細はこちら