ヒゲの濃さの原因は2つ:男性ホルモン・ヒゲの処理

ヒゲの濃さの原因は2つ:男性ホルモン・ヒゲの処理

ヒゲの濃さの原因は2つ

午前中に剃っても午後には伸びているなんてこともあるヒゲに悩まされている男性は少なくは無いでしょう。

ヒゲの濃い人もいれば薄い人もいます。
ヒゲの濃さが影響されるのは遺伝の場合と生活習慣による場合があります。

1.ヒゲを抜くと太いヒゲになる
一つ目はヒゲの濃さを調整しようと自分で抜いて薄くしようとする人もいるようですが、逆に太いヒゲが生える切っ掛けになってしまいますので注意が必要です。
2.男性ホルモンが活発
二つ目は男性ホルモンが活発で男性型分泌物である5α-DHTが多い人の場合にはヒゲが濃くなるだけではなく、薄毛などの原因にも繋がります。

 

男性ホルモンを抑えるには

  • 肉類やネギ、ファーストフードや甘いジュース、お菓子などを控える
  • 野菜や魚類を中心にした食生活を心がける
  • 大豆類を積極的に摂取
  • 夜更かしはしない
  • 過度な筋力トレはしない
  • ウォーキングやストレッチなど軽い運動をする

「ゼロファクター」の特徴

遺伝的に男性ホルモン量が多い場合でも、生活習慣や食事などである程度抑え込むことは可能です。
肉類やネギなどは男性ホルモンを活性化させやすい食べ物です。
ファーストフードや甘いジュース、お菓子などにも注意しましょう。
野菜や魚類を中心にした食生活を心掛けたり、大豆食品を食べると良いです。
大豆類はイソフラボンが含まれており女性ホルモンと同様の働きをしてくれるので積極的に摂取すると良いです。
睡眠不足も男性ホルモンが増加する原因です。
夜更かしは避けたいところです。
過度な筋力トレーニングも男性ホルモンが増えます。
女性もハードな筋力トレーニングを継続し続けると男性ホルモンが増加してヒゲが生えると言われるくらいですので、健康維持のために運動を取入れている人はウォーキングやストレッチなど軽いものにしてみましょう。

▲ページトップに戻る