ヒゲが濃いと周囲からこんな目で見られがち:青ヒゲ男は流行らない

ヒゲが濃いと周囲からこんな目で見られがち:青ヒゲ男は流行らない

男性にとって、定期的にヒゲを剃る必要がありますが、ヒゲが濃い場合には、ヒゲを剃ってもすぐにヒゲが目立ってきてしまいます。

青ヒゲのイメージ

その状態だと周囲からはどのようなイメージでみられるかというと、おやじ臭い、不潔、また、不健康なイメージでみられてしまう傾向があります。
確かに、ヒゲをのばしっぱなし、不精ヒゲの場合には、ちょっと清潔感に欠けるイメージがあるのもわかります。
そのため、日々、ヒゲ剃りをきちんと行うことが大切です。

  • おやじ臭い
  • 不潔な印象
  • 不健康なイメージ
男性のヒゲ脱毛

近年では、女性だけでなく、男性でも脱毛などをする方も増えています。
ヒゲなどに関しても毎日、ヒゲを剃るのが面倒、手間だと感じている方もいるため、ヒゲ脱毛をしてすっきりとした顔立ちにすることも、日々のヒゲ剃りから解放されるため、ヒゲ脱毛を希望する方も増えているといわれています。

ヒゲ脱毛は高いのはたしか

ヒゲ脱毛は高いのはたしか

自分のヒゲが濃いことで、周囲からマイナスイメージを持たれるのがいやだという場合には、ヒゲ脱毛をしてみるのもいいでしょう。
ただし、値段の点からいえば決して安くないというのが難点です。
そして、男性がエステサロンに行くのは「ちょっと恥ずかしい」と思う人もおられるのではないでしょうか。
ヒゲがほとんど生えない状態をしばらくの間、キープすることができるので肌の状態もよくなるでしょう。
また、ヒゲが濃いことが悩みの場合には、ヒゲを薄くすることもヒゲ脱毛をすることで可能になります。
対策の一つとして考えてみるのもいいでしょう。
青ヒゲ男

今は青ヒゲ男は流行らない

昔は長嶋茂雄のように青ヒゲの生えた男性を男らしいと思っている人が多かったでしょう。
ヒゲは男性らしさを感じられると思う人も多かったのです。

最近では「青ヒゲ」が好まれなくなってきた

しかし、そういう時代がずっと続くわけではありません。
今でも口回りに青ヒゲをはやしている人はたくさんいますが、それを見て男らしいと思うとは限らなくなりました。
今の時代で青ヒゲをはやしているとおやじくさい感じがしてしまい、あまりかっこいいと思われないこともあります。

ヒゲの剃り跡がない方が清潔感があるという女性は多い

ヒゲの剃り跡がない方が清潔感があるという女性は多い

年代によっても違うでしょうけれども、若年層ならば口回りがつるつるとしており、きれいな男性のほうが清潔感があって素敵な人だと見られることが多くなりました。
実際に、口回りにヒゲが全く生えていない男性も増えてきています。
医療脱毛や脱毛サロンを利用して、ヒゲ脱毛を行っている男性も少なくありません。

清潔感のある男の方が女性うけする

時代によって、見た目の価値観さえ変わってしまいます。
今の時代は男性も身だしなみに気を付ける人がとても多くなりました。
女性よりも美容にいそしんでいる男性も増えています。
今では、青ヒゲ男はあまり流行りません。
女性にモテたいと思ったら、むしろヒゲの生えない肌を目指したほうが良いのではないでしょうか。
ヒゲを隠して、清潔感のある男を目指しましょう。

ファンデーションを塗ってみたらばれて恥ずかしいめに
濃いヒゲをなんとかしたいというのは、中学生くらいからずっと悩んでいたことです。
最近では、ヒゲ脱毛もエステや美容外科などでできるようですが、自分としては、わざわざ外に出向かずに、家でできることがあれば対策をしてみたいと考えていました。
そんな時、顔のシミに悩んでいた母親が、コンシーラーというアイテムをシミ部分に塗って、隠しているというのを聞きました。さすがに、コンシーラーでは目立ちすぎてしまいますが、もしかしてファンデーションを薄く塗ってみれば、肌色に見えるわけですから、濃いヒゲがカバーできるのではないかと思いつきました。
我ながら良いアイディアだと自画自賛して、早速ファンデーションを購入しました。
実際に試してみると、まず、均等にムラなく塗るというのが意外に難しく、これを毎朝続けていくのは結構大変だと思いました。
また、汗をかくとヨレてきたり、はがれてしまったりするので、持ち歩いてその都度、女性の化粧直しのように塗りなおさなければいけないのも、かなり億劫に感じられました。
それでも、2週間くらいは続けていたのですが、やはり自分の肌の地色とファンデーションの色が合わないことから、まず母親にバレてしまいました。
「男が化粧しているなんて恥ずかしい」と言われてしまい、ヒゲのためだと弁明しました。
数日後、母親がネットで抑毛できるローションとジェルのセットを見つけてくれて、今はその商品を使っています。

▲ページトップに戻る